• HOME
  • お墓のブログ
  • 墓じまいをして、永代供養墓・室内墓・樹木葬をお考えの方、それで後悔しませんか?

墓じまいをして、永代供養墓・室内墓・樹木葬をお考えの方、それで後悔しませんか?

2017年4月12日

 

こんなアンケート結果があります。永代供養墓や室内墓にされた方のなんと6割以上の方が後悔をされており、樹木葬では9割近くになるとの結果が出ています。

私も実際、この結果に驚いております。

最近のマスコミは、墓じまいが流行のような報道をしているので、親が「子供に負担をかけたくないので」という安易な気持ちで、つい墓じまいをしてしまう方が増加しています。

しかし子供さんにお話しを伺うと、「お墓はある方が良い。」と本心で思っておられる方が多いようです。

なぜそう言えるかと申しますと、私が墓じまいをしたいとおっしゃる方にお聞きすると、「子供は遠方にいて、墓に関心が無いから。」とおっしゃるのですが、よくよく聞いてみると、お子様は積極的に墓じまいを賛成しているのではなく、「親がそこまで言うなら、親の言う事も聞いておこう。」と消極的に賛成されている場合が殆どのようです。

自分達にはあまり負担が無くて、時々墓参りに行けるのであれば、それが一番良いと思っていらっしゃる方が、一番多い様に感じられます。

そんな方々の為に、最近ではシルバー人材センターなどの外部業者に安価でお掃除を頼む事が出来ますし、伊勢やすらぎ公園の様に永代管理制度※1のある霊園もあります。

お墓は単に遺骨の預け場所ではなく、ご先祖との精神の触れ合いの場であり、人が生まれてきた根元でもあります。故郷を離れて生活をしている方にとって、お墓こそが本当の故郷になるのだと思います。

ご家族が集まられた時に、自分達のご先祖の話をされるとともに、お墓の事も是非相談して頂き、管理等にもお困りの場合はぜひ石材店にご相談される事をお勧め致します。

最近では「遥拝塔」と言って、ご自宅からお墓をお参りできるものも販売されています。

お墓はお参りをする事で、ご先祖様から幸せのメッセージが頂ける「幸せのシンボル」とも言われています。ご先祖のおかげで今の私たちが生活できているという事をいつでも実感できれば、私達の日々の生活もより充実したものになるのではないでしょうか。

※1 永代管理制度は、墓地の承継者がいない方がたのために、伊勢市霊園公社が永代に管理する制度で、年3回、お盆、お彼岸前に墓所内の清掃及び除草を行い、献花し、年1回(お盆前)合同供養を行います。なお、33回忌法要後は伊勢やすらぎ公園の合同墓地に改葬し以後永代に管理供養を行います。

最近のエントリー

墓じまいをして、永代供養墓・室内墓・樹木葬をお考えの方、それで後悔しませんか?
お墓に供える花の選び方は?
お墓のお供え物はどんなものがいいですか?
失敗しない石材店選びのコツは?