• HOME
  • お墓のブログ
  • 家族であるペットが亡くなった時に起こりうるペットロスについて解説!

家族であるペットが亡くなった時に起こりうるペットロスについて解説!

2021年11月4日

ペットを亡くした時に起こりうるペットロスについてご存知でしょうか。

ペットロスはペットを亡くした飼い主が感じる深い悲しみのことです。

今回はそんなペットロスとは何か、立ち直る方法について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

□ペットロスとは何か

 

ペットロスとは、端的に言えば「最愛のペットを失う喪失体験」を意味します。

あくまで病気ではなく、愛するものを失えば誰にでも起こりうるものです。

ペットを家族や友人同様に大切に思っていたなら、心と体は悲しみを経験します。

飼い主がペットロスを経験するケースは以下の3つがあります。

 

・ペットを亡くした時

・ペットと生き別れになった時

・ペットの余命を宣告された時

 

よく勘違いされている方が多いですが、ペットロスとは亡くなった時ばかりに起こるものではありません。

ペットの行方が分からなくなる生き別れや余命を宣告された時にも飼い主には絶望や恐怖、後悔、罪悪感のような負の感情がつきまといます。

 

ペットロスはいくつかの段階を経て回復に向かいますが、それまでの期間は一概には言えません。

これは、自分が育った環境やペットとの関係、お別れの仕方など様々な要素が関わってくるためです。

ペットと過ごした日々が全く同じケースはありませんよね。

だからこそ、周囲と比較せずに自分のペースで向き合っていくことが大切です。

 

□ペットロスから立ち直るには

 

ここまででペットロスとは何かについて基本的なことをご説明しました。

では、ペットロスから回復するにはどうしたら良いのでしょうか。

ペットロスが癒えた契機として多いのが、「回復するまでじっと待つ」というものです。

たくさんの愛情を注いできた分、心の傷の回復には時間がかかります。

 

言い換えれば、時間さえ経過すれば、自然と傷は癒えるということです。

現在は耐えられない悲しみを抱えていたとしても、いつかは死を受け入れられる日がやってきます。

ペットが自分にとってかけがえのない存在であったからこそ、悲しい時間が長くなるのは当然です。

無理やり立ち直ろうとせずに、時間の流れに任せてみても良いのではないでしょうか。

 

その他の方法としては、ペットのお墓参りをしたり、遺品を整理したりして気分転換を図るのも良いでしょう。

周囲に同じような悲しみを抱えた人がいれば、相談するのも有効的です。

アドバイスを聞くだけでなく、悩みや悲しみを共有するだけでも大きな安心感が得られます。

 

□まとめ

 

ペットロスとは何か、立ち直る方法について解説しました。

今回の記事を読んでペットロスについて心当たりがある方もいらっしゃるかもしれません。

当社ではペットのお墓を建てたいとお考えの方に向けて、お墓づくりのサポートを丁寧に行っております。

ペットのお墓を建てて、ペットロスから立ち直りませんか。