• HOME
  • お墓のブログ
  • ペットたちは死後も生きているのか?亡くなった魂の行き先を紹介!

ペットたちは死後も生きているのか?亡くなった魂の行き先を紹介!

2021年11月12日

「ペットたちは死後も生きているのかな」

ペットを亡くした方の中にはこういった疑問を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

今回は亡くなった魂はどこへ行くのか、旅立った命を安心させるための心構えについて紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

□亡くなった魂はどこへ行くのか

 

今までずっと一緒にいたペットが急に亡くなってしまったら、いないこと自体不思議なことのように感じるでしょう。

では、今まで一緒にいたペットたちの魂はどこに行くのでしょうか。

 

この世界で生きていたものの魂には輪廻転生があります。

それは、人間だけに限った話ではなく、ペットたちも同じです。

 

しかし、動物の例は人間の輪廻転生とは少々流れが異なります。

ここでは、ペットの魂の行方を3つに分けてご紹介します。

 

1つ目は、飼い主の側です。

亡くなった直後、ペットは自らの死を認識していません。

そのため、生きていた時と同じように飼い主の側によってきます。

ペットの霊は飼い主に「ここにいるよ」と合図を送ります。

 

しかし、飼い主はそれらに気づくことはできません。

飼い主の反応がないことからペットは死というものを受け入れます。

 

2つ目は、天国です。

死を理解できたペットは天国へ行きます。

しかし、そこで飼い主がひどく悲しむようなことがあれば心配で安心して天国へ行けません。

辛いことでしょうが、飼い主はペットのためにも前へ進むことが大切です。

 

3つ目は、生まれ変わります。

人間に寄り添うペットの霊は、人間を助ける使命があります。

子どもが母親を選ぶようにペットも飼い主を選びます。

もしかしたら、また逢えるかもしれませんね。

 

□旅立った命を安心させるための心構え

 

愛するペットが死んでしまうと、飼い主は本当に大きな悲しみを受けるでしょう。

辛さや悲しみは本当に辛いものだと思います。

しかし、そんな感情であってもしないで欲しいことがあります。

それは、心配させるような悲しみ方や考え方をすることです。

 

どんなに心が痛んでも飼い主は自分自身を追い詰めたり、ずっと深く悲しんだりしてはいけないのです。

しっかりあの世にいけたのかな、など余分な心配をしないことです。

この世を去ろうとしている魂を引き留めるようなことはしないようにしたいものです。

 

大切にしていたなら飼い主は今まで一緒に暮らしてきた幸せや感謝の気持ちを持って、送り出してあげましょう。

「信じて送り出し、今でも愛し、気を引くような言動はしない」これが残された飼い主にできる最高の弔いです。

 

□まとめ

 

亡くなった魂はどこへ行くのか、旅立った命を安心させるための心構えについて解説しました。

今回の記事を参考に大切な存在であるペットたちを安心させてあげてください。

当社ではペットのお墓を建てたいという方に向けて、お墓の祀り方やご先祖様の供養についてお話させて頂きます。

興味のある方はぜひお声がけください。